60代美容コラム

60代のスキンケアとホルモンバランスの関係は?

60代は女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが減少傾向になり、相対して男性ホルモンの割合が増加傾向になる年代なので、ホルモンバランスが根本的に大きく変化しやすいという特性があります。

特に閉経後約10年はホルモンバランスが乱れやすく、自律神経が不安定になったり、骨粗鬆症に悩まされる方も。

そのため、50代から気がかりになっていたシワやシミといった肌トラブルがより深刻なものになりますし、肌質自体がこれまでとは違った様子になるというように、経験した事のない諸症状を感じることが増えます。

60代のスキンケアはシンプルに保湿が鉄則

肌に起こる変化が大きくなると、回復を目指すべく使用するスキンケア製品を多くしたり、1度に塗布する量を増やすといった対策を行ってしまいやすくなりますが、使用する製品や量を増やす事は肌に負担を与えてしまうきっかけに繋がります。

そこで、60代で行うべきスキンケアはシンプルなスキンケア製品を用意して保湿を徹底する事が大切です。

アイテムはシンプルに、量は多めに!!クリームもたっぷり使いましょう。

肌のゴワゴワが気になる方は、導入美容液でやさしく角質ケアする方法もおすすめですが、決してゴシゴシこすらないようにしてくださいね。

刺激を感じると肌が勘違いを起こしてメラニンを産生するきっかけとなってしまいます。

表皮に対しては保湿を徹底しつつ、体内からも肌に対してアプローチをする事が60代のスキンケアにおけるポイントです。

軽いマッサージや表情筋を鍛える顔の筋トレにも挑戦してみましょう。

サプリメントで栄養素を補うのも手

60代では美肌のために食生活や生活習慣、運動習慣の見直しも行いましょう。

運動習慣を持つ事を日課にすれば新陳代謝が高まり細胞が活性化し若々しくなりますし、冷たすぎる飲み物を避けて常温や温かい飲み物を飲むようにするとホルモンバランスが整えられやすくなります。

また、食事だけでは足りない栄養素をサプリメントで補うという方法もあります。

食べてはいるけど食が細くなったり、脂っこいものを受け付けなくなったり、と栄養バランスが偏っているかもしれません。

ビタミンやミネラルはもちろんですが、美肌のためにセラミドを飲む方も増えています。

肌に塗るならヒト型セラミドが良いと言われていますが、食べるならグルコシルセラミドです!

※最近オルビスから発売された「ディフェンセラ」は日本で初めて国から肌の水分を逃しにくくする機能を認められた美肌トクホです。

>>ディフェンセラの詳細はコチラ

運動はゆっくり無理しすぎない程度に

激しい運動は控えて、ヨガやウォーキングなど、じっくりゆっくりできる運動がおすすめです。

テレビを見ながらスクワットをしたり、椅子に座りながらでも意識して足の体操を行うなど、頑張りすぎず日々の継続が大切です。

体が元気であれば、新陳代謝によって目の下のクマが改善されたり、くすみがぬけたり、と肌にも良いことだらけです。

元気でいることが美肌への近道

60代になると女性ホルモンの分泌が減少し、シミやたるみのお悩みはより一層深刻なものに。

でもあまりにもそれを気にしてスキンケアだけに必死になるのではなく、健康面にも気をつけることで美肌にも近づけるはず。

特に何もしていなくて肌がきれいな方は体質もありますが、よく笑っていませんか?

自分に合ったスキンケアを見つけて、無理のないよう頑張ってみてくださいね!

関連記事

  1. 綺麗な60代の芸能人はどんな美容法を実践している?

  2. 母の日におすすめ!60代女性に美容液をプレゼントするならブランドはどこ…

  3. 60代のシミが消える化粧品なんてあるの?過度な期待は禁物!

  4. ドラッグストアで買える60代向けの化粧品5選!

  5. 【2019年最新版】60代女性へ美容アイテムをプレゼントするならコレ!…

  6. トラネキサム酸が有効成分だからって美白に効果があるとは限らない?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP