エイジングケア成分

肌を再生するってホント?!EGF配合化粧品の効果は?

EGFって最近よく聞くようになりましたが、みなさんは何のことだかわかりますか?

EGFとは「Epidermal Growth Factor」の略で、「上皮成長因子」や「細胞再生因子」などと呼ばれています。
元々人が持っているタンパク質で、皮膚や骨、筋肉などの細胞の成長や代謝を助けてくれます。

やけどの治療など医療の現場で使われていた成分でしたが、近年は化粧品にも配合できるようになり、その効果が話題となっています。

EGFの発見者はノーベル賞を受賞!

EGFが発見されたのは1962年。アメリカのスタンリー・コーエン博士がネズミの顎下腺から52種類のアミノ酸からなる新しいタンパク質を抽出することに成功しました。

これが医療の進歩に大きな功績をもたらしたということで、1986年にノーベル賞を受賞しています。
EGFはノーベル賞受賞成分、とよく言われていますが、正確には発見者のスタンリー・コーエン博士がノーベル賞を受賞した、ということです。

EGFは何がすごいの?

細胞再生因子と聞いて、なんとなく想像がつくかと思いますが、その名の通り、細胞の修復や成長を促進して、皮膚や粘膜を再生してくれるんです!!
それってホントにすごいと思いませんか?

元々やけど治療などに使われていた、というのも納得出来ますよね!

また、上皮成長因子と呼ばれている理由も、名前の通り肌の表面(表皮)で働くからなんです。さらにEGFはコラーゲンやエラスチンなどの生成も促進してくれるすごいやつなんです!!

ということで、EGFを化粧品に配合すると、以下のような効果が期待できます。

新しい細胞の生成を助け、肌のターンオーバーを促進して、シワ・シミ・たるみ・ツヤ・ハリなどのエイジングサイン全般にアプローチ

EGFの表示名は?

EGFが化粧品に配合されても、化粧品の成分表にはEGFとは記載されません。
表示名は「ヒトオリゴペプチド-1」となるので、しっかり成分表を確認しましょう!

EGFはFGFと一緒に使うとより効果的

EGFは肌表面の表皮に働きかけてくれるのですが、肌の奥の真皮に働きかけてくれるのがFGF。ですのでこれらが一緒に配合されている化粧品を使うと、より美肌効果が期待出来ます。ちなみにFGFの化粧品表示名称は「ヒトオリゴペプチド-13」です。

まとめ

EGFは上皮成長因子や細胞再生因子と呼ばれるタンパク質。肌のターンオーバーを促進することによって年齢肌の悩みにアプローチしてくれるので、シミやシワ、ハリといったエイジングサインの改善に期待が持てます。

肌の外から補うというよりは、肌力が上がるこういった成分は特にエイジングケアにおすすめです!

関連記事

  1. 女性ホルモン様作用あり?!大豆イソフラボンの肌への働きは?

  2. エイジングサインにマルチに働くビタミンC誘導体の中でも60代におすすめ…

  3. パッションフルーツの化粧品がアツい!実も種も吸い尽くせ!!

  4. ダイヤと同じ?!ノーベル賞受賞成分「フラーレン」配合化粧品の効果は?

  5. アスタキチンサンの効果は?「赤の力」はやっぱりすごかった!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP